「ほっ」と。キャンペーン
晴れ 時々フィギュア  ドラゴンボールフィギュアブログ tdfigure.exblog.jp トップ

イージーペインター

イージーペインターを買ってみました。
f0331346_1536211.jpg

【長い長い前置き】
フィギュアのリペイントは専らラッカースプレーと筆&パステルのみで行っておりました。
エアブラシとコンプレッサーが導入できない事情があるからです。
エアブラシ自体は(古いものですが)実家に置いてあるのですが
それをリペイントに導入することができないのです。

まず、現在の部屋には、塗装ブースと排気システムを設置するスペースがありません。
そして、猫を室内飼いしていること、同じ部屋でジュエリー製作をしていることから
スプレー塗装の必要がある時は、塗料の粒子が部屋に入らないようベランダで作業し
細かい筆塗りやパステル使用時のみ、部屋での作業という手順になっております。

この「ベランダで作業するしかない」という状況が非常にネックなのです。

エアブラシは、常に強風のベランダで中腰で手早く吹くという作業には不向きの道具ですし
猫がベランダに出てしまわないよう(手すりに飛び乗って落下したら即死の高さなので・・・)
神経を尖らせて素早く出入りしないといけない状態で、塗りかけのフィギュアと
塗料が入ったエアブラシ、電源コードの繋がったコンプレッサー(あるいはエア缶)を持って
頻繁に移動することは、モタモタしている私には残念ながら現実的ではありません。

「エアブラシ+コンプレッサーに比べてスプレー缶は不経済」ということは重々承知しており
塗装についても、自分で色が作れないラッカースプレーはすごい制約があるなと感じつつ
エアブラシを導入できないのはこれらの事情があるからなのです・・・。

f0331346_1544674.jpg
 次に引っ越す時は
 心置きなく塗装作業が
 出来る間取りの部屋にしよう!

 それでエアブラシと
 コンプレッサーを買って
 塗装ブースと排気システムも完備するんだ!

 と、夢を描きながら
 溜まっていくスプレー缶を
 横目で見ている今日このごろ。

 あとは塗装ブースのある
 レンタルスペースとか・・・。

そのような状況だった私にとって、自分で調色した塗料をスプレーできるイージーペインターは
小さくて取り回ししやすくて、塗料もこぼれなくて、集合住宅で使っても静かで
各パーツも、純正品ではなく代用品を使えば安く済むという、とてもありがたい商品なのです。

f0331346_1536211.jpg
購入した純正セットは以下の4点です。


f0331346_15361953.jpgf0331346_15361768.jpg
左:イージーペインター本体 EP-01(80ml缶、専用ボトル、計量カップ、スペアチューブ付属) 1,500円
右:ツールウォッシュ 550円


f0331346_15361443.jpgf0331346_15361698.jpg
左:スペアカートリッジ EP-02 1,600円
右:スペアボトル EP-03 500円



以上の4点がイージーペインターの純正セットですが、これらは非常に高価格で
特にエア缶は80mlなのに(連続使用中にすぐ冷却してガス圧が下がってしまう)1本800円。
2本セットで1600円もする強気の価格設定となっており、純正品だけで使用していると
フィギュアが1体仕上がるまでにかなりのお金がかかることになってしまいます。
f0331346_1536623.jpgそこでネットで調べたところ、安価な市販品の中にも
代用パーツとしてイージーペインターに転用できるものがあることがわかりました。



f0331346_1536947.jpgまずは問題のエア缶ですが、こちらは一般的なエアダスター等と共通規格なので
DME使用のエアダスターを購入してキャップを交換するだけで、低価格化大容量化が可能です。


f0331346_1536445.jpgまた、洗って繰り返し使用することが前提の純正スペアボトルですが
こちらもダイソーにある化粧品用の「スプレーボトル18ml」がぴったりサイズなので
使い捨てにしたい場合などにはこちらを代用すると便利です。
ただし、ダイソーのスプレーボトルはツールウォッシュで溶けてしまうので、洗って繰り返し使用する用途には向きません。



イージーペインターの本体を代用缶と代用ボトルに装着したところ。
f0331346_1536279.jpg
エア缶のノズルとイージーペインターの差し込み口は同規格なのでぴったり合いますが
キャップとエア缶の形状は微妙に合わない場合があります。
その場合はキャップのプラ部分をカッター等で少し削ったり
マスキングテープ等で貼ると安定感よく使用することができます。

これで、連続使用してもガス圧が下がりにくい大容量缶が完成。
作業的にも、お財布的にも、心置きなく吹き付け塗装ができます。ありがたい。

ところで、塗料の希釈についてですが、イージーペインターの説明に
『塗料1:溶剤:1(又は1.5)で薄めてください』と書いてあったので
タミヤのアクリル塗料を上記の割合で薄めたところ、もう薄すぎて薄すぎて
下地がなかなか隠蔽できなくて大変なことになりました。10回くらい重ね塗りしました。
ガイアカラーなどの隠蔽力が強い塗料だと『塗料1:溶剤:1』でいいのかもしれませんが
タミヤのアクリル塗料の場合は『塗料1:溶剤:0.5』くらいで良かったかなという印象です。




こちらの記事に掲載の塗装方法や代用品の使用はメーカー推奨の方法ではありませんので、内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではなく、当ブログの情報を利用した結果について責任を負うことはできません。他サイトなども比較検討の上で自己責任にてご参考いただければと思います。
[PR]

by tokidokifigure | 2014-11-28 00:00 | 作業のようす

魂バディーズのピッコロさん

バンダイ 魂バディーズ ドラゴンボールZ ピッコロ 到着しました。f0331346_21585297.jpg


デフォルメフィギュアですが、きりっとかっこいいです。
f0331346_21585482.jpg


横顔。同シリーズの悟空とトランクスはいまいち似ていないのですが
ピッコロさんとベジータはそこそこ似ていてラッキーです。
f0331346_21585088.jpg


帯が赤なので、腕も原作色だとよかったかなーと思います。
f0331346_21585684.jpg


ワーコレとのサイズ比較。
f0331346_21584880.jpg


ワーコレのベジータは頭が大きいので、ピッコロさんと並べるとスケール感がちぐはぐだったのですが
この魂バディーズのピッコロさんと並べると、身長差も自然な感じに並べられます。
f0331346_2158475.jpg

[PR]

by tokidokifigure | 2014-11-27 20:12 | ドラゴンボールフィギュア

ピッコロさんのガレージキットリペイント[第2形態]

ようやく完成いたしました。
f0331346_21301284.jpg



組み立て塗装済みのガレージキットを購入したのですが、塗装がこんな ↓ 状態だったので
f0331346_21325819.jpg
道着だけでも塗り直そうとしたところ、誤って触角を破損
触角修正に伴って頭部も再塗装しています。(腕と帯・靴は購入時のまま)




眉間も、ピッコロさんらしく竜族の眉間に修正したのですが
眉間は前のままでも良かったかなー。
f0331346_213055.jpg




触角は芯材を入れて補強し、触角根元の接着剤の痕も修正してなめらかにしております。
f0331346_2130061.jpg
f0331346_2130357.jpg




後ろ姿。頭と首の付け根やおしりの繋ぎ目ラインもパテで埋めて修正。
道着のペイントは筆痕が消えてとてもなめらかになりました。f0331346_2130146.jpg




ピッコロさんにしては珍しいポーズなので飾り映えします。
アクシデントの連続でしたが完成してよかったー。f0331346_2130786.jpg

いやはや、ガレージキットの扱いは難しかったです。修行の日々でした。
→ 完全に読みが甘かった作業の記録
→ さらにリペイントしました[第3形態]




[PR]

by tokidokifigure | 2014-11-19 21:50 | リペイント完成品

おれは頭さえ無傷なら再生

あっ!ピッコロさん!
天下一武道会のマジュニア戦ですね!
f0331346_1375789.jpg
f0331346_231731.jpg
 
そうか!肩に手を置いてたのは、戦闘前の関節バキバキじゃなくて
腕ひっこぬきの時のポージングだったんだ!
f0331346_137553.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


泣くな!首の骨をへし折るぞ!!!




f0331346_1375385.jpg
f0331346_157750.jpg
 復活!!!!



レジン、レジン、おそロシア。




[PR]

by tokidokifigure | 2014-11-19 02:19 | 作業のようす

フリーザ様復活祭

f0331346_1427138.gif
 ドラゴンボール劇場版の
 最新作の敵がフリーザだと判明。

 フリーザ様復活祭です。

 さらに、映画のメインビジュアルに
 本気出したピッコロさんがいて感激。
 でも、また誰かをかばってボコボコに
 なるんじゃないかとピッコロファンは心配もあり。
 なにしろ、中に自己犠牲精神の塊のような
 ネイルさんが入っていますからねー。

 ピッコロさんがボコボコになってて
 悟飯が助けに来るとか。
 ポコピーの曲で(笑)











他動画
Fightingreen 戦闘緑(ピッコロさんバトル系)
Flyingreen 飛行緑(ピッコロさん静穏系)
Lightningreen 稲妻緑(ネイルさん)
EVIL BLOOD 魔緑(マジュニア)



[PR]

by tokidokifigure | 2014-11-18 11:19 | 劇場版復活の「F」

影付け

f0331346_3204763.jpg

なんとかこんな感じ。
つや消しを吹いても吹いても
なかなかグロス感が消えない。




[PR]

by tokidokifigure | 2014-11-18 03:20 | ドラゴンボールフィギュア

龍族の眉間

どのみち頭部を塗り直すので、隙間が空いていたつなぎ目をパテで修正。
f0331346_209282.jpg


また、ピッコロさんをはじめナメック星人は、眉間がぴったりくっついている感じだと思うのですが
こちらは眉間の凹部分が開きすぎていて、人間の眉のように見えてしまっていたので
f0331346_2092728.jpg


龍族っぽい感じの眉間にしてみました。(つや消し前なのでテカテカです)
f0331346_2122479.jpgf0331346_2122253.jpg


でもねえ、これやらなかったほうが良かったかもしれない。
このガレージキットは初期の柔らかい線のピッコロさんの設定じゃないかと思うので
眉間だけ後期のカッチリした描写のピッコロさんにすると、アンバランスだったかもしれない。
でももうやっちゃった。そして塗ってしまった。



なんかねえ、元の「ちょっと疑問に思いつつも総じてかっこいいピッコロさん」
という良さに踏み込んで荒らしてしまったような気がする。
f0331346_2121467.jpgf0331346_212203.jpg
眉間はピッコロさんぽくなったし、変ではないんですが、前のほうがかっこよかった気がする。
影付けで持ち直せるかしら。

もう1体ないのか!
もう1体!




[PR]

by tokidokifigure | 2014-11-16 21:08 | 作業のようす

何を寝言言ってる

f0331346_2162557.jpg
 完成品には台座がついていなかったので、当初は
 お世話になっているアクリル職人のうめさん
 特注でオーダーしようかと思ったのですが
 レジンフィギュアの配送で気を使わせてしまうのも
 申し訳ないと思い、木製台座を自作することに。

 固定用の穴なども当然開いていないので
 足パーツが破損しないよう気をつけながら
 足裏から2mmの電動ドリル。ガクブル。
 (3mmは恐ろしくてとても挑戦できず)


f0331346_2162479.jpg
 まかんこうさっーーーーーーーー
 バキィーーー!!!!
 ウアーーーーーーーーーーーーー

 な、なんだと・・・に、2mmのドリル刃が・・・。

 こ、これ・・・、下手したら
 足のほうが割れちゃってたんじゃないの?
 ・・・・・こ、こわい・・・ピッコロさんに
 ドリル入れるの、もうこわいーーーーーー
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!



何を寝言言ってる!!! わめいていても完成せんぞ!!!


f0331346_2162295.jpg
 わめいていてもダメとのことなので
 買い置きの2.5mmドリルに変えて作業を続行。
 うー・・・こわい・・・。

 ヒヤヒヤしながら、なんとか真鍮線を入れました。
 地震の時にもなるべく倒れないで欲しいので
 木の厚みいっぱいの長めのサイズです。


f0331346_2162143.jpg
 台座との穴の位置や角度がなかなか合わなくて
 かなり手間取りましたが、こんな感じ。

 ダークブラウンフェチなので
 台座はダークブラウンに塗装予定です。

 ドリル刃、何本折るんだろう・・・。
 指先に気が集中できていないんだな。


[PR]

by tokidokifigure | 2014-11-10 02:45 | 作業のようす

触角四苦八苦中

f0331346_2551937.jpg
 細い触角に芯材を通さねばならないので
 0.5mmのドリルで穴をあけようとしましたが
 思ったより固い!! やりにくい!!!

 魔貫光殺砲!!!!

 なんとか成功。

f0331346_2551791.jpg
 そして調子に乗って
 頭側の穴を開けていましたら
 頭にピンバイスが刺さったまま
 ドリル刃が3つに破損。
 頭に埋まったままのドリルが
 どうにも取れないという惨事に・・・。

 幸いドリル刃はセット購入で
 太さ違いのものがあったので
 折れてしまった0.5mmを断念し
 0.6mmを使うことにしました。

f0331346_2551517.jpg
 触角2本と頭に穴をあけて
 0.64mmのステンレスワイヤーを
 芯材として内部に仕込みます。
 右の頭部に0.5mmの刃が埋まったままですが
 これはもう取れないのでそのまま埋めます。

 頭部はリペイントすることになるので
 ついでに、気になっていた
 接着剤のダマやでこぼこ部分を
 やすりでなめらかにしておきます。


f0331346_255132.jpg
 仮組みで触角を差し込んだところ。
 よっしゃ、リカバリー。
 芯材入りなので、前よりは丈夫なはずです。

 触角折れのアクシデントで
 頭部を再塗装することになってしまったので
 この際、頭部の気になる所は全部修正します。


[PR]

by tokidokifigure | 2014-11-09 03:11 | 作業のようす

触角修正ツール

f0331346_1995648.jpg
 折れた触角に芯材が入っていなかったので
 修正と補強を兼ねて、金属線をいれるべく
 ドリル刃とピンバイスを購入しました。
f0331346_1995638.jpg
 道着の塗り直しは上手く行ったんだけどなー。
 細い触角パーツに穴あけるの難しそうです。




[PR]

by tokidokifigure | 2014-11-08 19:09 | 作業のようす